毎日の小テストとして、20問ずつ解くことにしました

リハドリル開始時期 2015年10月(51回理学療法士合格者)

私は一度国家試験に落ちた浪人生でした。毎年既卒者の合格率が低いのは知っていて、国家試験が近づくにつれ、毎日毎日不安な気持ちだけが大きくなっていました。1人で勉強するのはとても不安で、自分がどの程度できるのかなど、1人ではわからないことがたくさんありました。そんな時、学校の先生からリハナビを教えていただき出来ることはしようと思い、登録してみました。
リハドリルを使いだして、自分が主に活用した機能は国家試験の過去問とアイペック模擬試験などのオリジナル問題、実地のオリジナル問題、正答率の棒グラフ、ランキング機能でした。国家試験の問題とオリジナル問題はランダムで表示できる為、毎日の小テストとして、20問ずつ解くことにしました。毎日20問ずつであれば、苦になることもなく、継続して解くことができました。リハドリルには自分で問題数や分野など絞る機能がある為、自分なりに決めてやるのもいい方法だと思います。また、毎日続けることができたのは、正答率のグラフやランキング機能があることが、自分の中ではすごく大きかったです。1人で勉強していたので、毎日がすごく不安でしたが、正答率やランキング機能があることで自分の実力や他の人に負けてられないという気持ちが湧いてきて、少しずつですが、自信もついてきました。リハドリルには問題を解くだけでなく、モチベーション、やる気を起こしてくれる機能もあると思います。
使い方次第で、いくらでも活用できるリハドリルには、本当に感謝しています。
そんな私も無事に国家試験に合格することができました。
10月から使い始めた私でも合格することができました!これから国家試験を受ける皆さんもぜひリハドリルを自分なりに活用して、夢に向かって頑張ってください。