リハドリルでは、1週間に1回のペースで、国家試験/アイペック模擬試験の過去問題をメールで配信します。
解説と解答はここでチェックしてくださいね(次週には削除します)。さて今週の問題です。

問題 尿の生成について正しいのはどれか。

1.糸球体濾液は1日に約16 Lである。
2.原尿の約20%が尿細管で再吸収される。
3.血漿蛋白の大部分が糸球体から濾過される。
4.近位尿細管ではアミノ酸の大部分が再吸収される。
5.平均血圧が80 mmHg以下になると尿生成が停止する。

2021年第3回 問題68 生理学(消化・吸収・排泄系)

解答と解説

正答:4
(リハドリルユーザー正答率:78%)

1.糸球体濾液は、血漿成分が糸球体からBowman嚢へと濾過されたものである。1日あたり160 L程度に達する。
2.糸球体濾液(原尿)が160 L/日であるのに対し、健常成人の尿量は、1~1.5 L/日である。濾過された水の99%以上は尿細管で再吸収される。
3.血漿蛋白は分子が大きい。そのため、通常は糸球体から濾過されることはほとんどない。
4.近位尿細管では、アミノ酸やグルコースはほぼ100%再吸収される。また、Na+やK+などのイオンも、70%程度が再吸収される。
5.平均血圧が60 mmHg以下になると、糸球体における濾過が困難になり、尿生成が停止する。

ログイン